効率良くオフィス移転をするための極意

社長を始めとして、会社を経営していたり、比較的重要なポジションにいるとオフィス移転を決断しなければならない時が来る可能性があります。従業員が増えてきたリ、立ち退きになったり、使っている建物が老朽化したり、その理由は様々ですが、移転する労力というのはどの状況でも同じです。また、効率よく移転したいという気持ちも誰もが持つ共通の気持ちです。ゆえに効率を重視して移転する方法というのはたくさん模索されてきました。その結果、いくつか効率よく移転する方法というのが確立されてきました。どれも少し考えればわかるのですが、その決断をするのを躊躇したり、面倒くさく思ったりすることで効率的ではなくなってしまっています。今回はその確立された効率的な方法を紹介します。

段ボールに詰める時期と詰め方を工夫する

オフィス移転ともなれば大量の備品を運ぶことになります。机や椅子、棚など大きいものであれば労力はかかるものの時間はあまりかかりません。しかし、ファイルや文房具など細かいものは無数にありますし、運ぶのにも時間がかかります。また、運ぶときに段ボールに詰めて運びますが、それを面倒に思ってしまったりして後回しにし、時間と労力が無駄にかかることもあります。まず、移転する日が決まったら、その日までに使わないものから順に箱詰めしてしまいます。一回の箱詰めは数分ですので大した労力ではありません。ここで重要なのは詰め方です。移転先で同じ場所に展開するものを同じ段ボールに入れてしまいます。そうするとどこに何がいったのかわかりますし、移転先で探す必要もなくなります。

移転をする日は思い切って休業する

オフィス移転では思い切りも重要になります。オフィス移転をするならばその日は休業してしまう方が良いでしょう。一日分の仕事をどうするのか、休むと利益が得るのではと恐れて、移転を分割したり、業務と並行しながら行う人がいますが、それは非効率的です。使える人員と時間をフル活用して短時間で一気に片づけてしまう方が士気も下がらず、早く終わらせることが出来ます。一日業務を停めればそのしわ寄せが来るように感じますが、実際は一部を稼働させたところで別の所にしわ寄せは来ますし、業務に集中できない人も出てくるでしょう。そのような雰囲気では普段と同じように力を発揮することはできません。ゆえに、一度業務を停止して、一気に移転をしてしまう方が、効率的に移転が出来てしまうということです。